ビザを取得する

キーボードと案内する人形

インドへ旅行行くときはインドビザを取得するように海外を訪れる時はビザを発行する必要が有ります。このビザ発行が忙しくてできないという場合も有りますが、この場合は代行サービスを利用するといいでしょう。

Read more »

パッケージの変化

説明する男と女性

海外旅行を楽しむとしてまっさきに思い浮かぶのは、パッケージツアーでしょう。最近ではその価格が二極化の傾向にあり、激安と高級という二種類の路線について目を向けられます。

Read more »

要望や金額の相場

フランスの街並み

パラオでダイビングツアーをする場合は、プロに付き添ってもらいましょう。プロの方は、ダイビング初心者に対して、わかりやすい指導を行なってくれます。設備がしっかりしているので、自分で用意する必要もないのです。ダイビングツアーはインターネットでの申込みが可能です。

Read more »



取得するための流れ

笑顔の男女

大人気のサービスをご紹介します。シンガポールのツアーは激安な料金で参加する事が出来ちゃいます。詳細を確認するならコチラ!

インドは短期の滞在であってもビザが必要になります。まずオンライン上で必要事項の入力を行います。入力内容は申請者本人の情報、パスポート内容等はもちろん、両親についての情報も入力を求められます。入力後、ビザセンターへ申請書類を提出する日を選択します。そして提出日、印刷した書類に写真を貼り、申請費用、パスポートとともに、東京もしくは大阪のインドビザ申請センターに持ち込みます。通常であれば3〜7日程度で手続き完了となりますが、混雑している時期は、10日かかる事もあるそうです。申請完了を確認した後、出来上がったインドビザを申請センターまで受け取りに行きます。郵送を選択した場合は、配達されるまでの日数もかかります。

このように、ビザ取得は大変に時間と手間がかかるものでした。ですが2014年、ETA(Electronic Travel Authorization)が導入されたのです。これにより、オンラインで入力申請後、カード決済を行い、メールでビザが受け取れるようになったのです。短期間ビジネスでのインドビザ取得もネット上で可能となりました。申請費用は$60で、センターでの申請費用よりも高くなります。また導入に伴い、到着時に申請が出来たアライバルビザが廃止となりました。このETAには有効期限や年間所得回数に条件があるなどのデメリットもありますが、インドビザ取得が即日可能になったのは、大きなメリットといえるのではないでしょうか。